それぞれの原因

drugs

偏頭痛は男性よりも圧倒的に女性に多い症状です。それにはホルモンが大きく関係しており、思春期前には偏頭痛の男女比はほとんど同じなのに対し、成人患者では75%が女性というデータがあります。
このことから主に女性ホルモンが関係していると考えられており、妊娠中には偏頭痛が収まる方もいれば、妊娠中だけ偏頭痛が生じる方もいます。特に女性は偏頭痛に注意しなければならないといえるでしょう。
また、偏頭痛の原因には遺伝的要因もあるという研究結果がありますので、男性も決して安心はできません。誰にでも生じる可能性があると考えておきましょう。

偏頭痛が生じる原因は、人によって異なります。行動、環境、食物など、様々な原因で偏頭痛が生じる可能性がありますので、偏頭痛持ちの方は気をつけましょう。
一例をあげると、環境要因として明るい光や騒音などの外界からの刺激によって偏頭痛が生じます。また、香水の匂いによって偏頭痛が生じる可能性もありますので、いつどこで生じても不思議ではありません。
他には睡眠パターンの変化や喫煙などの行動によって偏頭痛が引き起こされることがありますし、アルコールや硝酸塩を含む食品を口にすることによって偏頭痛が生じることもあります。
どの原因で発症するかは人それぞれ異なりますので、偏頭痛持ちの方は「頭痛日記」をつけるのをオススメします。頭痛になった時だけ行動や食生活を書き込めば、おのずと頭痛の原因が見えてくるでしょう。

偏頭痛の生じる原因がここまで多岐にわたる以上、原因の特定は難しいといえるでしょう。だからこそ、原因を取り除く治療よりも現れた症状を取り除く対症療法がとられています。
マクサルトやリザクトなら効果的に偏頭痛を取り除いてくれますので、マクサルトかリザクトは常にカバンに入れておくと安心ですね。